【巨人】大竹寛、現役引退 38歳チーム最年長投手

img_2a98d08b281002f8a3ade8843d0f88ec2457983

【巨人】大竹寛、現役引退 38歳チーム最年長投手…19年侍ジャパンでも世界一に貢献「陰のMVP」

巨人の大竹寛投手(38)が今季限りで現役引退することが21日、明らかになった。開幕1軍入りして3登板、防御率4.50で3月31日に登録抹消。2軍では6月29日のロッテ戦(G球場)で負傷降板して「右ふくらはぎの筋損傷」のため故障班に合流した。8月に2軍戦で実戦復帰も、軸足の右膝を痛めて再び故障班へ。チームの投手最年長が故障の影響でユニホームを脱ぐ決断を下した。

大竹は本格的にリリーフに転向した19年に32登板、昨年は29登板でリーグ2連覇に大きく貢献。今季は2月のキャンプ序盤に9日間の練習日のうち6度ブルペン入りして精力的に投げ込み、チェンジアップをより縦に鋭く落ちるように改良して手応えを示していた。原監督が「寛ちゃん! 今年は多くの投手を助けそうだな!」と声をかけるほど状態が良かったが、シーズン中は体調面で苦しんだ。

広島からFA移籍して14年から巨人でプレー。先輩、後輩誰からも愛される人柄で投手陣を支えた。宮本投手チーフコーチは「寛ちゃんは投手陣のオアシス的な存在」と、精神的支柱として信頼。19年には侍ジャパンの一員として国際大会「プレミア12」で世界一に貢献。ブルペンのまとめ役を担い、首脳陣から陰のMVPと絶賛された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/443d4fa669c6103c992164678882979647300245

3: 風吹けば名無し 2021/10/22(金) 01:55:09.83 ID:/lev5GC10
中継ぎでの輝きは忘れへんで

続きを読む