阪神ドラ1佐藤「ただのセカンドゴロ」、6打席目で出たプロ初安打にも不満げ

阪神ドラ1佐藤輝「ただのセカンドゴロ」、6打席目で出たプロ初安打にも不満げ 次こそ“快音”を 

やっと出た。阪神ドラフト1位の佐藤輝が紅組の「1番・右翼」で先発出場した7日の紅白戦で“プロ初安打”。第一歩を踏み出した。「次はもっといい形のヒットを打ちたいですね。ただのセカンドゴロなんで。もっと内容の濃い打席に次からはしていきたい

2打席凡退で迎えた6回1死一塁、カウント1―2から谷川の132キロスライダーに反応した。打球は詰まりながらも一、二塁間に弾み、二塁手・北條が差し出したグラブの下を抜ける右前打。実戦6打席目にして待望の1本が飛びだした。しぶとい一打に矢野監督も「どんな形であれ、ヒットが実戦の中で出たっていうのは変な気持ちなく打席に立つものになる」と評した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4e3a7d9d962542b58d97d40ce84bdfe53e6b82c9

1: 風吹けば名無し 2021/02/08(月) 05:44:37.75
no title

続きを読む