大谷翔平とエンジェルスの提示額がかなり開いている原因

7594_ext_04_0_L

大谷が年俸調停へ 3・4億円希望も2・6億提示、球団と合意できず

同GMはベーブ・ルース以来、メジャー100年ぶりの本格的二刀流選手の査定について「ショウヘイはユニークなケース。比較の対象がないところが難しい」と率直な感想。大谷の代理人とは複数年ではなく、単年契約の交渉を行っていることを明かし、「年俸アップで合意しているが、増加額が問題だ」と、“80万ドル(約8300万円)”の差額を説明した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b18e00b8b8760193c48d2ba9b4758a433ecbbada

1: 風吹けば名無し 2021/01/17(日) 10:45:21.05 ID:O+uGFG8s0


続きを読む