清宮幸太郎「大谷先輩のバットが欲しい・・・」

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/19(日) 04:11:23.96 ID:T+52h7IH0
fbaa7_1212_b09578358ce4b1a3acd9eb9453972844
 
清宮幸太郎が出した意外な交渉条件「大谷先輩のバット欲しい」

「大谷選手はメジャーリーグへの挑戦を明言しており、来年の実現が正式決定しました。清宮くんも同じくメジャー志向で、大谷選手に憧れを抱いています。そのため彼は日ハムとの交渉に際して“条件”を出していたそうです。その1つが『大谷選手との対面』でした」(スポーツ紙記者)   そしてもう1つ、清宮が球団に出した意外な “交渉条件”があった。  
「それは『大谷先輩の使っているバットが欲しい』というものでした(笑)。さすがにこの日は他の選手もいたのでバット贈呈とはならなかったみたいですが、近日中にプレゼントされることになりそうです」(前出・スポーツ紙記者)
http://news.livedoor.com/article/detail/13909223/

続きを読む

稲葉監督「決勝も大事な場面で今永を出す」

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/18(土) 22:53:24.12 ID:bVFkL7Jed
ソースはフジテレビ
37
決勝に向けてファンへのメッセージを求められると「韓国も初戦あのような形でやられて燃えてくると思いますので、それ以上に気持ちを込めてやっていきます」と宣言。さらに「今日は最後に皆さん今永選手を期待したと思うんですけど、明日今永選手は必ず大事なところでいってもらうと、いうところで今日は出さなかったんですけど」と言って、笑いがわき起こると「ごめんなさい、今永選手ではなくて山崎選手でした」と謝罪。東京ドームが爆笑につつまれた。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711190000009.html 

続きを読む

【朗報】日ハムの若き帝京魂、侍ジャパンでも躍動

1 :名無しよ大志を抱け 00:00:00:00 ID:fightersmatome
20171118_matsumoto-560x373
松本、新2番で2点二塁打「韓国戦で勝ち切った勢いのままにいけた」

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017予選リーグ(18日、台湾2-8日本、東京D)日本の松本(日本ハム)は左投手対策として2番で先発に起用された。四回に期待通りに先発左腕から中前打を放つと七回一死満塁では右投手の速球を右翼線へ2点二塁打。この一打で5-0として試合の大勢を決め「差はまだ開いていなかった。必死にいった」と喜んだ。   東京・帝京高から入団6年目の今季は115試合に出場した。昨季の12試合から大きく飛躍した24歳。同世代の今永(DeNA)に負けじと決勝進出に貢献し「韓国戦で厳しい中、勝ち切った勢いのままにいけた」とチームの充実ぶりを強調した。
http://www.sanspo.com/baseball/news/20171118/npb17111823480014-n1.html 

続きを読む

高橋周平、日ハムへトレード寸前だった

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/19(日) 11:12:05.69 ID:2dHU0UaA0
34
 
昨オフ、就任直後の森監督に「来年ダメならトレード」と公言されて臨んだシーズン。「とにかく自分のことをやるしかないと思ってやってきました」というが気迫は空回り。7月には日本ハムからトレードの打診もあり、そのうわさは自身の耳にも入ってきた。その時の気持ちを問われ「そんなの言えないですよ…」と、モジモジ手のひらをいじりながら下を向いた。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000152-sph-base

続きを読む

中日がFA増井獲りへ、大野とダブル獲得狙う

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/19(日) 07:11:36.04 ID:fERdJkp50
39
 
中日が国内FA権を行使した日本ハム増井浩俊投手(33)との獲得交渉に動く可能性があることが18日、分かった。
5年連続Bクラスに沈んだチームは投手補強も大きな課題。先発も抑えもできる右腕はうってつけの存在で、これまで調査を続けてきた。森監督が外国人獲得のために日本を離れており、帰国後に正式に方針を固める。
同じくFA権を行使した日本ハムの大野奨太捕手(30)も獲得に乗り出す構えだ。

今季の勝ち頭は、シーズン途中に中継ぎに回りながら8勝を挙げた又吉。開幕投手の大野は7勝止まりなど2年連続で2桁勝利投手がゼロと苦しい結果となり、先発投手は不足している。
さらに、守護神を務めた田島はリーグ2位の34セーブを挙げながらも5敗を喫し、安定感を欠いた。
10月のドラフト会議で投手を4人指名したが、即戦力は1位のヤマハ・鈴木博志投手(20)のみ。投手陣の整備は急務だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171119-00056404-nksports-base   

続きを読む

日ハム中島卓也、新選手会長に就任

1 :名無しよ大志を抱け 00:00:00:00 ID:fightersmatome
23
 
日本ハム・中島卓也内野手(26)が新選手会長に就任することが17日、わかった。今季まで4季務めた大野が任期満了に伴い退任。まだ26歳ながら、正遊撃手で人望も厚い中島が引き継ぐことになった。今月末に行われる納会の場で正式発表される。   
チームの中心選手として新たな肩書がつく。この日札幌の室内練習場で自主練習を行った中島は「チームのことを考えながらプレーしたい。今年はけがも多かったので年間通して試合に出られるようにしたい」と意気込みを語った。   
中島は追い込まれてもカットで粘り、簡単に凡退しない独自のスタイルを確立。15年には盗塁王とベストナインを獲得し、昨年まで2年間は遊撃手としてフル出場した。しかし今季はけがが相次ぎ91試合出場にとどまった。来季へ向け「けがをしない体作り。柔軟性を出したい」と、継続して体を動かしている。   
選手会長は球団とのパイプ役だけでなく、他球団の会長とも話し合いチームの環境を改善していく大事な役割だ。過去には小笠原、金子誠、田中賢、鶴岡ら名だたるメンバーが役割を担ってきた。日本一奪回へ向け、来季10年目を迎える中島がチームの顔として責任感を持ってグラウンドに立つ。
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171117-OHT1T50211.html 

続きを読む